スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴぴちゃんの気持ち。

2009年02月28日 23:10

今朝、ぴーちゃんを肩に乗せたまま下の階に降りたとき

普段は絶対に下には降りてこないぴぴちゃんが雄叫びを上げながら下に飛んできて

ぴーちゃんの所へ飛びつき、私の首の後ろに噛み付きました。

 

今年に入って比較的落ち着いてきているぴぴちゃんが

今朝、また暴れました。

 

慌ててぴーちゃんを見ましたがキョトンとしたまま

体を見ましたが無傷でした。

 

ぴーちゃんに「怖かったねー大丈夫だよ」と言いながら、しばらくそこに居ましたが

上からはぴぴちゃんの今までで一番激しい鳴き声が。

 

ケージのなかにぴーちゃんを入れぴぴちゃんを探すとカーテンの上で

雄叫びをあげていました。

 

お昼、別々に放鳥するとぴーちゃんはケージの中のぴぴちゃんを覗いて

遊ぼうとしません。

今度はぴぴちゃんを出すとぴーちゃんのケージの中を覗いています。

夕方、悩みましたが同時にケージを開けてみました。

ぴぴちゃんは出てこず、ぴーちゃんはぴぴちゃんの様子をケージの中に頭を入れて眺めています。

しばらくすると2羽は外に出て、いつもの写真のような感じになっていました。

 

2羽は前の飼い主さんの所では放鳥もされず生活していました。

ペットショップでは自由に動くことが出来ないほどのケースに詰め込まれ生活していたそうです。

ぴーちゃんは前の飼い主さんの所に来たときには爪が一本噛みちぎられていました。

 

2羽は人間になれることもなく

同じケージで小さな体を寄り添うようにして

私の所にやってきました。

 

最初は2羽とも放鳥してもカーテンの上に乗り

人間の様子を覗ってばかりでした。

そのうち好奇心旺盛のぴーちゃんが私に飛んでくるようになったことで

ぴぴちゃんの孤独感は相当だったと思います。

毛づくろいしてもらうのが大好きなぴーちゃんが、

ぴぴちゃんに寄り添って毛づくろいしてもらうことも少なくなり、

ぴーちゃんをカキカキしている時は遠くから眺めるようになりました。

同じ頃ぴぴちゃんは今まで以上に噛み付くようになりました。去年の9月です。

噛みついたら指の肉がえぐれるまで振り払っても離れない噛み方をするようになりました。

 

私が怪我をするのは構わないけど

そのうちぴーちゃんに行ったらと思うと悩みました。

実家に預けようと考えました。

そのときは比較的性格が穏やかになったぴーちゃんを実家に連れて帰ろうと思っていました。

ぴーちゃんを連れて行く日の朝、最後の放鳥をして仲良く毛づくろいしている姿を見て

離れ離れにすることは間違っているんじゃないかと思い留まりました。

せっかく人間になれて来たぴーちゃんの環境を変えることで

ぴーちゃんは、また荒鳥になるかもしれません。

もしかしたら、新しい環境で幸せになっていたのかも知れません。

でも2羽を離すことはできませんでした。

 

ぴぴちゃんと仲良くなれるように

指に餌をつまんで与えたり、とにかく根気よくぴぴちゃんに話しかける毎日でした。

10月11月と仕事が忙しくって2羽も実家に連れて帰っていました。

私が仕事の間は祖父が私がやっていることをやってくれました。

祖父も酷く噛まれたりしましたがぴぴちゃんのために頑張ってくれました。

年末近くになるとぴぴちゃんの噛み方も何とか元に戻り

放鳥時、私の近くに寄ってくるようになりました。

 

今年に入ってからも随分落ち着いてきてたのに

私はぴぴちゃんを一人ぼっちにしてしまいました。

一人ぼっちにされて寂しくて降りたこともない一階に来たのかもしれません。

興味を引きたくってイタズラしたのかもしれません。

なのに私はぴぴちゃんを怒ることもせず、そのままぴーちゃんと下に居たことで

ぴぴちゃんを、ますます孤独にしてしまったんだと思います。

 

ぴぴちゃんの気持ちを考えてあげないと、と思ってるつもりでも

どうしても自分になれているぴーちゃんの事ばかりを可愛がってたのかもしれません。

 

今日はお休み前のぴぴちゃんの姿を見ながら反省ばかりでした。

ぴぴちゃん明日からも一緒にいようね!仲良くなろうね!

何度も言って、おやすみなさいをしました。

 

 

2羽を引き取ってすぐの写真です。

コザクラ 

お話が出来ない分、ぴぴちゃんの気持ちをもっと考えてあげないと!

 

この間らいむさんとお互い頑張りましょうね!って言ったばかりだもん

明日からも気長にぴぴちゃんとお付き合いします!

 



コメント

  1. こざくら☆さくら | URL | 7VSyfhcI

    かよぽんさんへ♪



    そおだったのよぉぉぉぉーーーe-330
    ぴーちゃんも荒鳥さんだったのよ~。
    どっちも飛ぶことから練習が始まったわけなんだがね・・・

    蛇ネタ・・・アメブロの初っ端が蛇よけ作成だったよね!見た見た!

    放鳥、楽しみだね!
    まぁね、これはベタ馴れさんを飼ってる人や雛から育ててる人にはわからないとこだからね
    成鳥(しかも荒)から飼い始めるって、ホント大変なんだよね・・・e-263
    いくら時間をかけてもなかなかうまく行かないわけよ。
    鳥それぞれの性格もあるから
    ぴーのように何ヶ月かでカキカキできるのもいれば
    ぴぴのような子もいるし。
    口でアドバイスするのは簡単だけど、実際そううまくはいかないもの。
    相手は感情だってある生き物なわけで、自分の思う通りには動いてくれないし。
    最初は、とりあえず放鳥して刺激あたえず、飛び回る楽しみを教えてあげて
    それからゆっくり手になれるようにしてみては?
    そのうち、鳥のほうから寄ってくるまではほっとく。
    一度に何もかもってのは無理だし、鳥にも負担になるしね。
    私も頑張るから一緒に鳥と仲良くなれるように頑張ろうねe-2




  2. かよぽん | URL | -

    そぉだったのかぁぁぁっ

    今じゃどぉみてもぴーちゃんは手乗りインコちゃんにしか見えんけど、昔はそんな苦労があったんだねぇぇぇっ

    とりあえず年内にガンバってカゴから出そうと思ってんだよねぇ~っ
    なんだかんだゆって去年逃げられたときも自分たちでカゴに帰ってたもんなぁ

    たださぁ、うち、夏になったら家ん中にヘビいんの!!去年も10日も青大将が居座ってさぁ・・・鳥ちゃんと実家に非難したよぉ
    オイラも来年とかには引っ越すから引っ越したら思い切って放鳥すんだぁ~っv-220

  3. こざくら☆さくら | URL | 7VSyfhcI

    さくら乙女さんへ☆


    さくら乙女さんありがとうございます。
    ぴぴちゃんはぴーちゃんの事が大好きすぎて
    ぴーちゃんはぴぴちゃんのことも私も好きで・・・
    ぴぴちゃんにしたら、おもしろくないのかもしれませんよねv-239
    平等に愛しているつもりでも、やっぱりぴーちゃんに気持ちが寄り気味だったんです。
    首の噛まれた所は痛いけど大丈夫です!
    そのうち治りますから♪

  4. さくら乙女より♪ | URL | u2lyCPR2

    ジ~ン。。。

    なんだか、ブログを読んで ジ~ンと、きました。。。

    今までの、お写真を見る限り、本当に、2羽とも、

    まるで、ヒナの時から、ご家族でいらしたかのように、感じていましたから、

    そういう過去が あったなんて、思いもしませんでした。

    でも、ピーちゃん&ピピちゃん を、離れ離れに しなくて良かったですね。。。

    いつも、一緒ですものね☆

    ヤキモチだったのかな。

    寂しい気持ちを、アピールしたかったのかな。

    でも、言葉が、通じない分。。。

    私も 色々、考えさせられて、お勉強になったり してます。

    縁あって、家族になったのですものネ☆

    お気持ち 凄く わかります。。。

    お首の怪我は、大丈夫ですか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakurasaaaan.blog87.fc2.com/tb.php/121-4ac9f93e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。