スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ぶらり安芸灘四島~

2009年08月20日 01:19

 

こないだのタイムスリップの続き~。

行ってきたのは広島県呉市の大崎下島。

2005年に呉市と合併しましたが・・・呉市より「豊田郡」な感じの島。

 

 

kaJATVM2.jpg 

 

海岸線を走る国道185号線と呉市の仁方(にがた)からお別れし、安芸灘とびしま海道へ海と空

 

eeITlqXS.jpg 

平成12年1月18日に開通した、仁方(にがた)と下蒲刈(しもかまがり)を結ぶ安芸灘大橋です。(有料)

 

DSC08253.jpg 

渡ったところのパーキングから安芸灘大橋を眺めるとこんな感じです。

(橋全体の姿を見るのは、白崎公園からの方が良いです)

 

ここにも頼山陽先生の詩碑が。

 

詩の意味と、頼山陽先生については案内板をどうぞ~。

(ガイドのクセに手抜きですな~)

DSC08257.jpg 

 

下蒲刈には用事がないので、さっさと次の島へ~車

 

続いて渡りますのは・・・

 

bNcB8QqP.jpg 

下蒲刈島と上蒲刈島を結ぶ「蒲刈大橋」。

こちらは昭和54年に開通した全長480メートルのトラス橋。

開通した当時は、農道としては日本一長い橋だったそうです。

 

渡ったところの「であいの館」で、また休憩~。

 

DSC08419.jpg 

 

この日はお天気が良過ぎて霞んで、景色が残念ですorz

スカっと晴れ渡ると、四国は愛媛県の石鎚山も見える所です。

 

上蒲刈は「海猿」のロケ地にもなった島です。

 

そして、蒲刈と言えば・・・サバイバルキャンプ!

じゃないわ。

DSC08592.jpg 

 

藻塩であります。

 

上蒲刈も、用事がないのでさっさとお次の島へ。

 

DSC08413.jpg 

そしてこれが、昨年県内でも話題になった上蒲刈島と豊島を結ぶ「豊島大橋」。

昨年の11月18日に開通しました。この橋が開通したことによって、なんと愛媛県の岡村島まで

車で行くことが出来るようになりました。

豊島大橋の愛称は「アビ大橋」。

アビは広島県の県鳥で、この周辺でアビの群れを目印にした漁が行われていたことから付けられたそうです。

(アビは12月ごろ飛来していたそうですが、今ではめっきり数も減ってるとか)

 

豊島を走りだして、電話が・・・。知らない番号だけど出てみると、やっぱり知らない人だった・・・。

声から察するに、お年を召したおじいちゃま。

「間違えてますよぉ~」と何度言っても、日曜日のゲートボールがどうのこうの風

体の調子が良くないから参加出来るか分からないけど、行きたいんだと熱く語られ・・・

 

 

気付けば、豊島と大崎下島を結ぶ豊浜大橋も渡りきって御手洗に着いてましただだ泣き

まぁ、いいか。

 

xJcTVliC.jpg 

そんなこんなで、こないだの写真の所。有名な大長(おおちょう)ミカンの島。

2005年に呉市と合併した、広島県最南端に位置する大崎下島の御手洗(みたらい)です。

看板にもある通り、御手洗地区は1994年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。

 

「御手洗」と言う地名は、菅原道真公が九州大宰府に左遷された際、この島に立ち寄り

山の麓で口をすすぎ、手を洗われたことに由来するそうです。

 

御手洗は古くから、風待ち・潮待ちの港として知られていました。

江戸時代になり、北前船や西国諸藩など東上する船が寄港し始めると、

この小さな町は中継貿易港として一躍発展することになります。

また御手洗は「遊郭の町」としても知られております。

1724年(享保9年)に広島藩から許可を受け、造られたのが「若胡子屋(わかえびすや)」。

最盛期には100人以上の遊女を抱え繁栄した茶屋です。

 

幕末には、御手洗にある金子邸において、

長州藩と広島藩の間で倒幕の密約「御手洗条約」が交わされたり

三条実美ら七卿(実際には五名)が、長州へ都落ちする途中に立ち寄ったりと

歴史の色濃い場所でもあります。

 

そんな、御手洗の町の様子をどうぞ~。(そろそろ面倒になってきました)

 

DSC08332.jpg 

 

DSC08354.jpg 

 

DSC08321.jpg 

 

DSC08319.jpg 

 

しっかし、歩いても「観光マップご自由にどうぞ~」とポストがありますが

どこも空っぽ。やる気がない所です。

故に、どれが何か・・・さっぱりでした。

 

DSC08397.jpg 

防災センターも味がある。

 

DSC08337.jpg 

この時計店は有名なので分かりました。テレビにもよく登場します。

なんでも140年前から続く日本で一番古い時計店だそうで、修理の腕は天下一品とか。

全国から動かなくなった思い出の時計を直して欲しいと、依頼があるそうです。

他のお店で断られた時計も、ここに来ると蘇るそうですよ。

 

WokGKLUn.jpg 

実はお掃除おば様のものだったと言う、スーパーカブ。

島の人は、カギをかけない。これ基本。

しかし、橋も出来たということで「カギかけ運動実施中」です。

島の中を走ってた、子どもたちの自転車にも付いてました。

実際、蒲刈なんかも橋が出来る前は泥棒なんていなかったのに、

安芸灘大橋が出来て一気に泥棒が増えたらしいです。

 

DSC08367.jpg 

DSC08373.jpg 

 

DSC08379.jpg 

向こうに見えるのは愛媛県の岡村島。

のどかですね~。

 

しかし、暑さにも耐えれなくなったのでお次は山の上にある「歴史のみえる丘公園」へ。

 

 

DSC08312.jpg 

下の集落が御手洗地区。

 

 

四国方面を見ると・・・霞んでます。

 

DSC08285.jpg 

 

DSC08305.jpg 

右に小さな白いものが密集しているのは、愛媛県の波方と菊間の間辺りにあるコンビナートかな?

 

DSC08308.jpg 

奥にぼんやりと見えるのが来島三連吊橋の主塔・・・。

 

お天気良過ぎて残念です。

 

本当は、夕日が見たかった。手のひらに夕日を乗っけてみたかったのでありますが・・・

なんせ暑い。そして休憩する場所もない・・・これにて退散でございます。

 

DSC08197.jpg 

 

ところで、「がんす」。ウマいでがんす。

広島にお越しになった際には、がんすお勧めです。スーパーに売ってるでがんす。

がんすって、昔の広島の言葉で「です。ます。」の意味があるそうですが

そんな言葉聞いたことがないでがんす。

 

 

しかし島の車、みんな真ん中走るのでとっても怖かったですわ。

 

コメント欄閉じてます~。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。